成果発表:日本認知心理学会第15回大会

2017年6月3日〜4日に慶應義塾大学三田キャンパスで開催される日本認知心理学会第15回大会において、当研究室の大学院生 高山博司さんが成果発表(口頭発表)を行います。

  • 高山博司・小川洋和 (2016/6/3).個人特性が情動プライミングによる不正行為の誘発
    に与える影響.日本認知心理学会第15回大会,慶應義塾大学.
カテゴリー: 発表予定 パーマリンク