発表報告」カテゴリーアーカイブ

日本基礎心理学会第38回大会で「文脈手がかりは視覚探索処理の初期段階を促進する」というタイトルでポスター発表を行いました(小林穂波)

M1の小林です。12/1に神戸大学で開催された日本基礎心理学会第38回大会で研究発表をしました。 【研究内容】 視覚探索課題で空間配置を繰り返して呈示すると学習が起こり、探索が促進される、という文脈手がかり効果について研 … 続きを読む

カテゴリー: 発表報告 | 日本基礎心理学会第38回大会で「文脈手がかりは視覚探索処理の初期段階を促進する」というタイトルでポスター発表を行いました(小林穂波) はコメントを受け付けていません。

日本基礎心理学会第38回大会で「社会的地位と空間的表象の潜在的連合」というタイトルでポスター発表を行いました(長谷川凜人)

M1の長谷川凜人です。 12/1に神戸大学で開催された日本基礎心理学会第38回大会で研究発表をしました。 【研究内容】 社会的地位と空間的表象には連合があると言われています。本研究では、Lu et al.(2014)で示 … 続きを読む

カテゴリー: 発表報告 | 日本基礎心理学会第38回大会で「社会的地位と空間的表象の潜在的連合」というタイトルでポスター発表を行いました(長谷川凜人) はコメントを受け付けていません。

Object Perception, Attention & Memory (OPAM)で「A Bayesian Hierarchical Model of Flanker Interference」というタイトルでポスター発表を行いました(小林穂波)

M1の小林です。 11/14にカナダ・モントリオールで開催されたObject Perception, Attention & Memory (OPAM) で研究発表をしました。 【研究内容】 わたしたちの周囲には … 続きを読む

カテゴリー: 発表報告 | Object Perception, Attention & Memory (OPAM)で「A Bayesian Hierarchical Model of Flanker Interference」というタイトルでポスター発表を行いました(小林穂波) はコメントを受け付けていません。

日本認知心理学会第17回大会で「自人種顔と他人種顔に対する視覚性短期記憶の符号化速度」というタイトルでポスター発表を行いました(西村友佳)

この春からD2になりました。西村です。 5月25日(土)から26日(日)にかけて京都テルサにて開催された日本認知心理学会第17回大会でポスター発表を行いました。発表時間は25日(土)の10時から12時の間で、発表タイトル … 続きを読む

カテゴリー: 発表報告 | 日本認知心理学会第17回大会で「自人種顔と他人種顔に対する視覚性短期記憶の符号化速度」というタイトルでポスター発表を行いました(西村友佳) はコメントを受け付けていません。