第01回 まずはなにか実験を作ってみよう

インストールが終わりました。細かいことを説明する前に、さっそくなにか実験(のようなもの)を作ってみましょう。まずはざっと画面の説明です。

PsychoPyの操作画面

左上の大きな一番大きな部分が「Routines」と呼ばれる部分です。ここでは実験1試行の中で呈示される刺激などのタイミングをコントールします。

下の部分は「Flow」と呼ばれ、実験全体の流れをコントロールします。ここでは、試行のループ(繰り返し)や、教示画面や反応フィードバックをどのように呈示するかなどを設定します。

右にあるボタンのリスト「Components」と呼ばれます。PsychoPyには刺激や反応の取得などのイベントをコンポーネントとして追加し、「Routines」で並び替えたりタイミングを操作することで実験の1試行をデザインすることができます。

実験の流れ

練習としてまずはとても単純な実験を作成してみます。注視点のあとに、ターゲット刺激が出たらスペースキーを押すだけの課題です。実験の流れとしては以下のような感じです。これを10試行繰り返して反応時間を計測してみましょう。