第6回KG-RCSP合同ゼミのお知らせ

2月27日にKG-RCSP合同ゼミを開催します。当研究室の4年生 小林穂波さんが話題提供をする予定です。興味のある方は是非ご参加ください。詳しくはこちらから。

【日時】2019年2月27日(水) 13:00-17:30
【場所】関西学院大学西宮上ケ原キャンパス F号館104教室

第1部:ゼミメンバーによる発表
(2019年4月に博士課程前期課程に進学する予定の学生による研究発表)
13:10-13:35 小林穂波(小川ゼミB4)
自己に関する概念の変化が視覚的注意による情報選択に及ぼす影響

13:35-14:00 田島綾乃(稲増ゼミB4)
オタクが持つメタステレオタイプによる趣味開示抵抗感の検討

14:00-14:25 長谷川凜人(三浦ゼミB4)
うわさが実現することが感情及び行動に及ぼす影響―「白紙物語」が現実になるとき―

14:35-15:00 牧野巧(三浦ゼミB4)
欺瞞意図はコミュニケーション中の強調表現の使用頻度や聞き手の欺瞞検知に影響するか?

15:00-15:25 水野景子(清水ゼミB4)
人はなぜ罰が存在している公共財ゲームにおいて非協力をするのか―確率的に罰がある状況での非協力と損失の確率価値割引—

15:25-15:50 中越みずき(OCUB4)
責任帰属と生活保護に関する情報への接触が生活保護政策への賛否に及ぼす影響

第2部:招待講演
16:00-17:30 武藤拓之さん(日本学術振興会特別研究員DC1・大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程3年)
視空間イメージ操作研究への挑戦:多面的視点のススメ

カテゴリー: イベント, 発表予定 | 第6回KG-RCSP合同ゼミのお知らせ はコメントを受け付けていません。

成果発表:日本心理学会「注意と認知」研究会 第17回合宿研究会

日本心理学会「注意と認知」研究会 第17回合宿研究会において、4年生の小林穂波さんが口頭発表を行います。

  • 小林穂波・小川洋和(2019/3/3).自己に関する概念の変化が視覚的注意の焦点の範囲を調節する.日本心理学会「注意と認知」研究会 第17回合宿研究会.

カテゴリー: 発表予定 | 成果発表:日本心理学会「注意と認知」研究会 第17回合宿研究会 はコメントを受け付けていません。

2018年度 卒論最終報告会のお知らせ

以下のとおり、卒論最終報告会を行います。口頭試問の練習会も兼ねておりますので、研究内容やプレゼン方法などについて、多くの方にご意見・コメントをいただければ幸いです。学部生・ゼミ関係者以外の方の参加も歓迎します(途中入退出可)。

日時:
2019年1月12日(土) 10:00〜17:00

場所:
関西学院大学上ヶ原キャンパス F302教室

発表時間:
発表5分+質疑応答15分
当日コメントペーパーを配布します。発表に対するフィードバックにご協力をお願いします。

プログラム:
<午前の部>
10:00 社会的孤独感がアニマシー知覚に与える影響
10:20 作業姿勢およびワーキングメモリ容量がマインドワンダリングに与える影響
10:40 課題非関連な聴覚妨害刺激による意味プライミング効果
(休憩)
11:15 感情喚起刺激を用いた連合再認における画像優位性効果
11:35 涙袋による目の知覚サイズの変化と顔魅力の関係
11:55 非共感覚者における計算課題を用いた色字共感覚トレーニング

<午後の部>
13:15 プライミングによるカテゴリーの活性化が色識別に与える影響
13:35 顔表情と背景画像の感情価の一致による記憶の促進効果
13:55 文脈情報としてのオノマトペが身体画像の情動判断に与える影響
(休憩)
14:30 両眼視野闘争における性別と笑顔の影響
14:50 知覚的変化に対する後付け的な意思決定の変容およびその時間特性
15:10 視聴覚刺激の連合による視覚運動知覚の誘発
(休憩)
15:45 女性の魅力は何で決まるのか?: 身体的魅力に視線方向が与える影響
16:05 日本大学生における音楽のレミニッセンスバンプへの両親からの影響
16:25 自己に関する概念の変化が視覚的注意のスポットライトの大きさを調節する

カテゴリー: イベント | 2018年度 卒論最終報告会のお知らせ はコメントを受け付けていません。

論文採択:Consciousness and Cognition誌

当研究室の大学院生 白井理沙子さんの研究成果をまとめた学術論文が学術誌「Consciousness and Cognition」に採択されました。

Shirai, R., & Ogawa, H. (2019). Trypophobic images gain preferential access to early visual processes. Consciousness and Cognition, 67, 56–68. https://doi.org/10.1016/j.concog.2018.11.009

カテゴリー: 業績 | 論文採択:Consciousness and Cognition誌 はコメントを受け付けていません。

論文採択:Attention, Perception, & Psychophysics誌

当研究室の大学院生 白井理沙子さんの研究成果をまとめた学術論文が学術誌「Attention, Perception, & Psychophysics」に採択されました。坂野逸紀さん(現所属 首都大学東京 知覚運動制御研究室)との共同研究です。

Shirai, R., Banno, H., Ogawa, H. (2018). Trypophobic images induce oculomotor capture and inhibition. Attention, Perception, & Psychophysics. https://doi.org/10.3758/s13414-018-1608-6

カテゴリー: 業績 | 論文採択:Attention, Perception, & Psychophysics誌 はコメントを受け付けていません。

成果発表:日本認知心理学会第16回大会

2018年9月1日〜2日に立命館大学大阪いばらきキャンパスで開催される日本認知心理学会第16回大会において、当研究室の大学院生 清水千景さんが成果発表(ポスター発表)を行います。

  • 清水千景・小川洋和 (2018/9/2).⾊および情動による時間知覚への影響.日本認知心理学会第16回大会,立命館大学(大阪府茨木市).
カテゴリー: 発表予定 | 成果発表:日本認知心理学会第16回大会 はコメントを受け付けていません。

成果発表:Vision Sciences Society 2018

2018年5月18日〜23日にアメリカのフロリダ州St. Pete Beachで開催される2018 VSS Annual Meetingにおいて、当研究室の大学院生 白井理沙子さんが成果発表(ポスター)を行います。

  • Shirai, R., & Ogawa, H. (2018, 23th May). Integrated effect of gaze cueing and valence of ‘gazed’ objects on facial trustworthiness. Paper presented at the 2018 VSS Annual Meeting, St. Pete Beach, FL.
カテゴリー: 発表予定 | 成果発表:Vision Sciences Society 2018 はコメントを受け付けていません。

成果発表:日本基礎心理学会第36回大会

2017年12月1日〜3日に立命館大学大阪いばらきキャンパスで開催された日本基礎心理学会第36回大会において、当研究室の大学院生 白井理沙子さんが成果発表(ポスター発表)を行いました。ポスターにいらしてくださった皆さん、どうもありがとうございました。

  • 白井理沙子・小川洋和(2017/12/3).視線の有効性と周囲の情動価の統合的処理が人物の信頼性判断に及ぼす影響 . 日本基礎心理学会第36回大会. 立命館大学(大阪府茨木市).
カテゴリー: 発表予定 | 成果発表:日本基礎心理学会第36回大会 はコメントを受け付けていません。

成果発表:日本社会心理学会第58回大会

2017年10月28日〜29日に広島大学東広島(西条)キャンパスで開催される日本社会心理学会第58回大会において、当研究室の大学院生 白井理沙子さんが成果発表(口頭発表)を行います。

  • 白井理沙子・小川洋和(2017/10/28).人物の道徳情報と魅力度が視覚的気づきに及ぼす影響. 日本社会心理学会第58回大会. 広島大学(広島県東広島市)
カテゴリー: 発表予定 | 成果発表:日本社会心理学会第58回大会 はコメントを受け付けていません。

成果発表:日本心理学会第81回大会

2017年9月20日〜22日に久留米シティプラザで開催される日本心理学会第81回大会において、当研究室の大学院生 西村友佳さんが成果発表(ポスター発表)を行います。

  • 西村友佳・小川洋和 (2017/9/20).他者の魅力度は感情状態と独立して潜在的道徳態度に影響する.日本心理学会第81回大会,久留米シティプラザ(福岡県久留米市).
カテゴリー: 発表予定 | 成果発表:日本心理学会第81回大会 はコメントを受け付けていません。