招待講演:電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会

2015年3月2日・3日に成蹊大学で開催された電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会において「視線から測るこころ・視線が変えるこころ」というタイトルで特別招待講演を行いました。

カテゴリー: 発表予定 | 招待講演:電子情報通信学会 マルチメディア・仮想環境基礎研究会 はコメントを受け付けていません。

2014年度卒論最終報告会について

以下の要領で、小川ゼミ卒論最終報告会を行います。
口頭試問の練習会も兼ねておりますので、研究内容やプレゼン方法などについて、多くの方にご意見・コメントを頂ければと思っています。ゼミ関係者以外の方のご参加も大歓迎です(途中入退出可)。学外からの参加を希望される方は事前に小川までご一報ください。

<日時・場所>
2015年1月13日(火) 10:00~16:30
関西学院大学F号館 F104教室

<プログラム>
発表15分・質疑応答15分の予定です。

セッション1 10:00〜11:00
織田優里子 化粧の濃さが顔の印象や再認に与える影響について
辻知美   視線が物の選好に与える影響とその性差について

セッション2 11:10〜12:10
安枝貴文    観察者の表情筋の操作が恐怖表情の想起に干渉する
天願フィリス 顔の魅力評定において横顔の向きが正面顔の魅力度に与える影響

セッション3 13:10〜14:10
栂愛実  オブジェクトの顕著性が視覚的注意および印象形成に及ぼす影響
白井理沙子 トライポフォビア喚起画像がサッカード軌跡に与える影響

セッション4 14:20〜15:20
小西晨一 時間的腹話術効果を用いた訓練による視聴覚統合の時間窓への影響について
村北彩花 映像の呈示方法がシーンの視覚的情報と言語的情報の記憶に与える影響

セッション5 15:30〜16:30
井手口夕紀 「赤の他人」というのは本当?—IATを用いた色彩と自己意識の潜在的連合の検討—
光藤優花  顔から声を予測できるか?静止画像を用いた顔と声のマッチングにおける性格特性のイメージの役割

<懇親会>
終了後、甲東園駅付近で懇親会を行う予定です。まだ人数に若干余裕がありますので、参加を希望される方は12月28日までに小川までご連絡ください。ゼミ生以外・懇親会のみの参加も歓迎いたします。

カテゴリー: イベント | 2014年度卒論最終報告会について はコメントを受け付けていません。

成果発表:第6回多感覚研究会

第6回多感覚研究会において、4年生の光藤優花さんがポスター発表を行います。

  • 光藤優花・小川洋和(2014/11/12).静止画を用いた顔と声のマッチングにおける性格特性のイメージの役割.第六回多感覚研究会,広島大学.
カテゴリー: 発表予定 | 成果発表:第6回多感覚研究会 はコメントを受け付けていません。

2014年度版 ゼミ生アンケート

毎年小川ゼミでは、ゼミ分属の参考資料として、現ゼミ生にゼミの印象などについてアンケートをお願いしています。今年度も実施し、12名のゼミ生から回答をもらいましたので、公開します。

総合心理科学科の2年生で小川ゼミへの分属を検討している人は、是非参考にしてください。

2014年度アンケート結果

カテゴリー: その他 | 2014年度版 ゼミ生アンケート はコメントを受け付けていません。

シンポジウム登壇:日本心理学会第78回大会

日本心理学会第78回大会(於 同志社大学)において、以下の公開シンポジウムで話題提供者として登壇します。

興味のある方は是非お越しください。

カテゴリー: 発表予定 | シンポジウム登壇:日本心理学会第78回大会 はコメントを受け付けていません。

更新情報:PsychoPy講座

しばらく放置していたPsychoPy講座を更新しました。Codeコンポーネントを使う際に必要となるPythonの基礎知識と、それを利用した先行手がかり課題(precueing task; Posner, 1980)の作成方法について解説しています。

次回の更新は未定ですが、知っていると便利なTipsやHow-toをいくつか紹介することを予定しています。なにかリクエストがあれば、遠慮なくメールなどでご連絡ください。

カテゴリー: その他 | 更新情報:PsychoPy講座 はコメントを受け付けていません。

2014年度小川ゼミ卒論研究計画発表会のお知らせ

今年も以下の要領で小川ゼミの卒論計画発表会を行います。小川ゼミ新4年生9名が、卒論研究の実験計画・構想を発表する会です。みなさんのご意見・コメントを頂いて、卒論研究をよりよいものにしたいと考えております。途中退出・参加でも結構ですので、奮ってご参加ください。

日時:
2014年 4月12日(土) 13:00〜18:00

場所:
関西学院大学上ヶ原キャンパス F号館 104号教室

発表プログラム:
13:00〜13:30 辻知美   視線が物の魅力度へ及ぼす影響について
13:30〜14:00 白井理沙子 トライポフォビア画像がサッカード軌跡に与える影響
14:00〜14:30 光藤優花  顔と声のマッチング
14:30〜14:45 (休憩)
14:45〜15:15  村北彩花  映像の情報量と種類が記憶に与える影響
15:15〜15:45  織田優里子 顔記憶・認知における化粧の効果の検討
15:45〜16:15  井手口夕紀 自尊感情と色彩イメージの潜在的関連
16:15〜16:30  (休憩)
16:30〜17:00  栂愛実  長期記憶が視覚的注意および印象形成に及ぼす影響について
17:00〜17:30  安枝貴文 模擬的な笑顔が表情の記憶に及ぼす影響
17:30〜18:00  小西晨一 時間的腹話術効果における視聴覚統合の時間窓の可塑性

学外から参加をご希望の場合には、事前に小川<hirokazu.ogawa(at)kwansei.ac.jp>までご連絡頂けると助かります。

終了後、西宮北口周辺で新ゼミ生歓迎会を兼ねた懇親会を行います。よろしければこちらも是非ご参加ください。参加を希望される方は3月31日(月)までにご連絡ください。懇親会のみの参加も歓迎いたします。

カテゴリー: イベント | 2014年度小川ゼミ卒論研究計画発表会のお知らせ はコメントを受け付けていません。

実験補助員(アルバイト)を募集しています。

関西学院大学文学部総合心理科学科 小川研究室では、心理学実験実施の補助を行う実験補助員(アルバイト)を募集しています。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

たくさんのご応募をお待ちしております。

カテゴリー: その他 | コメントする

2013年度 小川ゼミ卒論研究最終報告会のお知らせ

以下の内容で、小川ゼミ卒論研究の最終報告会を行います。
口頭試問の練習会も兼ねておりますので、研究内容やプレゼン方法などについて、多くの方にご意見・コメントを頂ければと思っています。ゼミ関係者以外の方のご参加も大歓迎です。特に小川ゼミに分属を希望している1・2年生は是非とも参加してください。(途中退出・参加可)


<日時・場所>
2014年1月10日(金) 9:30~18:00
関西学院大学F号館 地下ホール

<プログラム>
発表15分・質疑応答10分の予定です。

セッション1 9:30〜10:50
浪田友梨    表情の記憶に身体の文脈効果が与える影響について
佐藤晴子    IATによる味と楽器音の共感覚的知覚の検討
渡辺早紀    映像のカット割りが注意と記憶に及ぼす影響について

セッション2 11:00〜12:20
宮本亜美 模擬犯罪状況における罪悪感の喚起と性格特性の関係について
高田亜樹    恋愛を連想させる状況において赤色が行動に与える影響
金道真紀    オブジェクトの想定サイズと時間知覚 −カノニカルサイズによる検討−

セッション3 13:20〜14:40
藤原儀彦    モダリティ別の訓練が競合する視聴覚リズム刺激への同期タイミングに与える影響
内田忠伸    単純接触効果の測定及びに言葉の同時提示による影響
谷川晴香    選択と疑似選択による選好変化の違い

セッション4 14:50〜16:10
太田将貴    多物体追跡課題におけるオブジェクトの形状変化と注意容量の相互作用
西谷昌子 美女と野獣 −男性の顔魅力評価に隣の女性の魅力度が与える影響−
小寺優樹    知覚的妥当性のある環境音によるベクションの影響

セッション5 16:20〜17:40
平田皓大    熟練が無意識的思考に与える影響について
新谷未来    無意識下での意味逸脱による見えの違い −CFSを用いた検討−
中井あき    視覚探索課題における皮膚色と顔知覚の関係

全体討論 17:45〜18:00


<懇親会>
終了後、懇親会を行う予定です。参加を希望される方は12月27日までに小川までご連絡ください。ゼミ生以外・懇親会のみの参加も歓迎いたします。

カテゴリー: イベント | 2013年度 小川ゼミ卒論研究最終報告会のお知らせ はコメントを受け付けていません。

小川ゼミ生アンケート結果

ゼミ分属の参考情報として、現小川ゼミのメンバーにゼミに関するアンケートをお願いしました。その結果を「ゼミ生アンケート 2013」に掲載しましたので、ゼミ分属で悩んでいる皆さんはぜひ読んでみてください。

アンケートに協力してくれたゼミ生のみなさん、ありがとうございました。

カテゴリー: その他 | 小川ゼミ生アンケート結果 はコメントを受け付けていません。